【必読】転職緊急レポート

面接での身だしなみにはくれぐれも気をつけましょう。清潔感のある格好で面接を受けるというのが重要点です。固くなってしまうと予想されますが、正確にシミュレーションをやっておき、本番までに用意してください。

面接で問われることは毎回同じですから、前もって回答を思考しておくことが大事です。転職の際に必要とされる資格というのは、専門職以外は少ないようですが、持っていると有利に働く資格という点では、やはり、国家資格が一番のようです。

なかでも、建築・土木系では建築士のように「業務独占資格」と呼ばれるその資格を取得しておかないと実務不可という仕事がたくさんあるので、狙ってみる価値はありそうです。

今の職に就いている間に、転職活動を始めて、転職先が決定してから、辞職するのが理想でしょう。

退職後は、時間が自由ですし、すぐにでも働き始めることができますが、すぐに転職先が決まらないこともあります。
職の無い期間が半年を超過してしまうと、就職先が少なくなりますから、退職後のことを考えないで今の仕事を辞めないことをお勧めします。転職を考えたときに有利になれる資格はどれかときかれれば、社会保険労務士、公認会計士といったところが有名どころでしょう。

これまで積み重ねてきた経験を生かした転職をしようと思っている方にも間違いなくお勧めしたい資格です。社会保険労務士という資格を得ていると、総務、人事関連の仕事に就職しやすくなりますし、公認会計士の資格があると財務とか経理関係の職を得られやすくなります。

転職活動は在職中から行動を始め、転職先が決定してから辞めるのが理想です。
退職してからの時間が自由に使えますし、ただちに就業できますが、転職先がすぐに決まらない状況も余儀なくされることもあります。

無職の期間が半年を超過してしまうと、採用通知が来なくなる傾向になりますから、勢い余って今の職を辞めるような公言をないようにしましょう。

2016年8月4日